自然

Double Diamond First flight

連休に突入、前半はいい天気です。カレンダーには昭和の日と書いてあります。 樹木の冬芽を採取して同定、春からのガイド活動に備えました。ミズナラ、ミズキ、ヤチダモやマツ類を採取しました。同定が終わったら、生花ならぬ生け枝にしたら---。 ヤナギが開…

キツネ君

今日も朝焼けを見ることができた。 新たな一日を迎えられることに感謝する。 たくましく生きている。 お前さんも元気かと。 いつも、ラジコン飛行機飛ばしていると見に来る。 まだ2才くらいだと思うが、ずいぶん立派になった。

30年ぶりのRCヘリ-その後

カケス 先日もらった鹿肉の脂身を、木に掛けておいたら「カケス」や早々とやってきた。 羽根が奇麗で、翼を広げると白い模様がもっと奇麗です。警戒心が強く、撮影には苦労しましたが、次は飛翔している姿を捉えたいものです。 RCヘリ 2シーズン前から再…

冬の贈り物 その2 ワカサギ

ここ一週間、プラス気温が続いています。この冬もあと少しです。 かなやま湖 湖畔のキャンプ場に駐車して・・ 氷結した湖面に向かって、ケロミがソリを引っ張って行きます。 湖面をテクテク歩いて・・・ 1キロも歩けばバテてくる。ソリを一緒に引っ張っても…

冬の贈り物 鹿肉

北の大地は、冬の幸も豊かです。 この後、お肉の写真が出てきますので、ご注意ください。 鹿の前足1本いただきました。 自分で解体するしかないです。ジビエを食する場合、いろいろと注意しなければならないようです。詳しくは厚生労働省から「野生鳥獣肉の…

オオワシ飛来

2月21日午後9時頃胆振地方で地震があったようですね。我が家(富良野南部)では全く感じられませんでした。 スーパー・ブルームーン 先日はスーパームーンでしたが、皆さん見られました? 富良野はあいにく曇で、おぼろ月でした。ただ前日は晴れていたので「…

ラクヨウキノコ2018

ナナカマドの実が色づき始めて、2週間は経つでしょうか。今年もラクヨウキノコが出始めました。 昨年の記事も、ほぼ同じ頃に登場しています。異常気象続きながら、キノコはほぼ例年並みのようです。 ただ、昨年のように群生は見られませんでした。 代わりに…

赤い松ぼっくり(松の花)

ありましたよ、赤い松ぼっくり! 2つ前の記事でカラマツの雄花と雌花の写真を載せた時、雌花に赤色があることをネットで知りました。それで、敷地内を探していてら、なんと家の前のカラマツが赤い雌花をつけていました。今まで気が付かなかっただけです。 新…

リモートカメラ、そろそろ薪作り始めっか。

今シーズンも焚きに焚きましたよ。ひと冬でこのコンテナ8基分です。実は少し残っていたのですが、ここ数日の寒さで全部使い切りました。 昨年、横爺に手伝ってもらって作った、フロンフォークです。普通はトラクター後方の3点ヒッチに取り付けるのですが、頚…

季節に追われて

5月も天候に恵まれ、どんどん季節が進みます。雪融けがつい先日だたのに、もう草はボウボウです。オオジシギの急降下音を聞いたかと思えば、アゲ雲雀が鳴き。ウグイスが鳴いたかと思えば、春蝉が朝から騒がしくなりました。今はカッコーが早く種を播きなさい…

フロントローダーブラケットの溶接

11月になると、渡り鳥が頭上を東から西へ飛んでいきます。この景色に写っているのですが・・・・ 拡大してやっとこの程度、野鳥を撮るには望遠レンズが欲しくなります。 フロントローダーブラケット 薪ストーブのシーズンになりました。 薪の運び込を少しで…

雪虫の頃は

初冠雪 10月1日、富良野岳に初冠雪がありました。昨年より6日早く、一昨年より1日遅いです。昼過ぎには消えていました。 2017年10月1日 富良野岳 雪虫 数日前、家の前で雪虫が飛んでいるのを見ました。と言っても雪虫を見るのは初めてなので、その時は「推定…

ラクヨウキノコ2017

台風18号以来、雨が多いです。 今年は、雷嫌いのポロン君にも容赦なく落雷が続いていました。 雨が多いと、秋の恵み「キノコ」もたくさん出てきます。雨上がりの朝、キノコ採りに出かけます。出かけると行っても、家の前の林をちょこっと覗くと、毎日のみそ…

ホオジロだった

6月中旬に出くわした小鳥の巣の続きです。 孵化直後と思われる6月11日から6日後(6月17日)には、雛達はかなり、大きくなっていました。卵の数と同じ5羽の嘴が確認できました。 ところがさらに12日後(6月29日)には、巣はもぬけの殻でした。 やはり、キツネ…

農業体験2017年(3)

キトピロの花 移植して3年目のキトピロ(アイヌネギ)が花を咲かせました。実際にキトピロの花を見るのは初めてです。5月末頃に葉っぱの間からボンボリ提灯みたいな蕾が出てきました。どんな花が咲くのか楽しみでしたが、移植したのが山際なのでいつの間にか…

小鳥の巣

クルマバツクバネソウ どこで区切ったら良いのでしょうか? 漢字で書くと「車葉衝羽根草」わかりやすい。小さな花なので、知らないと見逃してしまいそうです。秋に実が熟すと羽子板の羽根のように見えるそうですが、このままでも羽根のようですね。 育苗 今ま…

農業体験2017年(1)

フサスグリ 長男に定植してもらった、フサスグリが小さな実をつけました。もう少し大きくなって、熟すと赤くなり「レッドカラント」とも呼ばれます。北海道では「カリンズ」と呼ばれ、グズベリーと一緒に庭先によく植えられるそうです。 農業体験 5月、6月は…

タケノコです

「夕焼けの飛行機雲」も好きです。 日が長いので、7時過ぎまで畑仕事を楽しんでいます。 ところで、あの旅客機、旭川空港を飛立ったにしては、高度が高過ぎると思っていたら、やはり「デンバー」発「成田」行のアラスカ航空(高度35,000ft)でした。いつも、…

山菜です

山菜採りに行きたくても、畑の準備が始まると、余裕がなくなります。ブログ更新もサボリ気味で、2週間ほど遡ります。 北側の細長い急斜面を降りていくと、 敷地のはずれに湧き水があって、移植した「クレソン」が食べ頃でした。 途中で「コゴミ」も早く食べ…

初物

お初の「タラの芽」をケロミが見つけてきました。まだまだ量が少ないので、これだけです。先日の気温プラス27.6度まで上がったのに、現在は3度しかありませんY(>_<、)Y。 まだ寒い日がありますが、山菜を見ていると確実に季節は進んでいます。 少し焦げてし…

なごり雪

もう積もることはないと思うと、もう少し雪と遊んでおきたい気がする 南富良野のスキー場は3月中旬で終了。 スキー場の手前にある踏切は、列車が通っていません。根室線は、昨年の台風被害で東鹿越から新得までの復旧は、まだ目処が立っていないとのこと。折…

「ラジオふらの」生出演

ここんとこ、ずーっと良い天気です。 グルグルグルグル融雪剤♪ 満遍なく撒かれた渦巻き模様で、その農家さんの腕と性格が分かる。この景色が見られるようになると、もう雪は降っても、降った以上に融けて行きます。今年は雪が少なかった、なごりおしいですな…

もう春かぁ

神戸は既に桜が咲いていました。 富良野にトンボ返りです。 占冠からの帰り道、「富良野国道」(237号線)の腋に、伐採木の山がありました。これだけで芸術品ですね。 しかも、スケールが大きい! 思わず車を停めて携帯に納めました。木の香りがとても強く、撮…

トムラウシ温泉

旭川☃ 富良野☃☁ 帯広☀ この時期よくあるパターンです。朝から吹雪いていましたが、日帰り温泉を決行しました。ご近所さんをナビゲーターに、トムラウシ温泉の「東大雪莊」まで行ってきました。 自宅からは約2時間ほど、狩勝峠を越えて山道を約1時間走ります…

最低気温更新

今朝はマイナス9度、この冬の最低気温を更新しました。今シーズン、わが家においで下さる方々は、くれぐれもご覚悟くださいませ。この温度計のセンサーは、家屋壁面に設置していますので実際には、さらに2度ほど低いです。根雪は昨年より1カ月も早くなりそう…

積雪15センチ

今朝起きたら、本格的な積雪となっていたので、びっくりポン。今回の積雪は一旦融けると思います。なぜなら、昨年は11月23日の大雪(60年ぶり)、その前は12月中旬頃の雪が根雪になりました。 それにしても、冬支度がまだできていないので焦ってきます。「冬用…

東都自動車工業さんで車検整備

初雪が朝日で融けました。 と、リビングに現れた光のゆらぎ。 幼い頃、毎朝目覚めると、いつも壁や天井に光がゆらいでいました。家が川のそばに建っていたからです。 懐かしい光だなぁ。 でも、この正体は手摺りに落ちる雪解け水でした。 ユーザー車検 現役…

明日から冬~! だそうです 

日増しに紅葉が深まる中、2日続きのポカポカ日和。 明日から、急激に気温が下がって「平地でも雪が降る」そうです。この寒暖の差が北海道です。 出前授業 そんなポカポカ日和の中、solachi菜園が協力している、NPO企画「伝統農法の復元と継承」?の一環とし…

パワーショベルのブレーカーで杭打ち

紅葉が始まりました。 山の木はいつ見ても美しく、種類ごとにその姿の意味を持ちつつ、しかも森林全体に秩序を保っていることに感動します。今までは遠くから見て楽しんでいるだけでしたが、演習林ガイドのお手伝いするようになってから、がぜん樹木一つ一つ…

雨続き

今年は雨が多い。 「雨があがると、空気が澄み、空は高く、森の香がします。」 落葉きのこ(ハナイグチ)は、豊作です。幼木ばかりで無く、50年越しのカラ松林にも、群生しています。 白いキノコ、ヌマピーさんがコメントしてくださった「ササクレヒトヨダケ」…