読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年もよろしくお願いいたします。

虫です

今朝の最低気温はマイナス21度、富良野はまたもや、堂々の全国一位をマークした。 ところが、富良野より標高100m高いsolachi農園の最低気温はマイナス15度だった。 以前から、気象庁発表の数字と異なるのが、不思議だと思っていたが、こんな説明がある。放…

雪日和

今日は朝から、風もなく小春日和ならぬ雪日和。 おひさまに誘われて、近くの牧場へ。 キツネやうささんも、天気が良いと、こんなにも歩きまわるのだなぁ。 うちの畑にも、うささん+?の足跡が、果樹園の方へと続く。 それにしても、なかなか姿を見ることは…

一時帰阪

母親の顔を見るために、里帰りしていた(大阪と鳥羽)。 私とケロミの両母親とも元気だったので一安心。研究室の同窓会と会議もあったので、今までになく長期滞在だった。 今回は、伊丹空港から入ったが、空気の悪さにびっくりポン。 外国人観光客の多さにも…

小豆の初出荷

この季節、毎朝、枯草に降る霜の造形を愉しむことができる。 最低気温はマイナス4度、日が昇ると果樹園からは湯気が立ちのぼる。それでもプラス2度、こんな日は風が無いので、寒さは感じない。 不思議な景色 雪を被っている目前の山頂は、ここから30メー…

Solachi体験農園(2015その8)

今シーズン最終の体験農園は静岡県からの高校生、心配された天候も、午前中はまずまず。 この時期、農家さんは収穫も終わり、今は出荷作業(ラベル貼りや箱詰め)が多い。のんきなsolachi農園では、まだまだ仕事が残っている。今回の種目?は、遅れている小…

小豆の脱穀

手摘みの小豆をハウスで乾燥させていたので脱穀してみた。 先ず莢をトンパック(フレキシブルコンテナバック・大形土嚢)に詰め込む。 トンパックの上で足踏みワンツー、ワンツー、ツイストくねくね、ご苦労さん。 トンパックから空莢を取り出すと、豆のほと…

冬仕度

早くも積もってしまった。と言っても明日の雨でとけてしまう、根雪になるのはまだまだ先だ。 昨年は12月まで積雪は無かったので、今年は1ヵ月以上早い。一昨年は10月16日にドカ雪だったので驚きはしないが、先週から冬仕度を始めておいて正解だった。 わが…

ユリ根と自然薯、他

10月13日の深夜に初雪があったが、日中にはほぼ融けた。そろそろビニールハウスのビニールを撤去しないと、骨組みが潰れる。本格的な積雪は12月に入ってからだが、今頃の雪は重いので油断できない。 先ずは小豆畑 小豆畑も霜が降りるので、全て刈り取りを終…

HATAKE状況、体験農場

今年の富良野岳、初冠雪は9月30日だった。 今朝の最低気温は4度・・・・不思議に寒くは無い。 初冠雪と聞くと、なにやら気忙しくなってくるが、景色としては雪を戴いている方が良い。 9月のSolachi体験農場は結局、京都、兵庫、神奈川、大阪、大津、新…

小豆畑(その4) 初刈り取り

近隣の小豆は既に刈り取り作業が始まっている。 solachi畑の小豆は、なぜか青々としてまだ葉も落ちていない。 茎の上三分の二は鹿に喰われたのだが、幸いそれが剪定・摘果となったのか?、残った莢が丸まると肥えているような気がする。 少なくとも、莢がこ…

2015 紅葉

大雪山 旭岳 一足早い、2000mの紅葉 山頂の全景が見られるのは、ほんの一瞬。天候は薄曇り、気温7度。 「旭岳ロープウェイ」姿見駅を降りて直ぐ、旭平に、一周1時間の遊歩道が整備されている。まだ少し速い、今週あたりが見頃かも知れない。 チングルマは…

Solachi体験農園(2015その6)&ヒマワリのすき込み

ヒマワリ畑 夏休みに、息子が播いたヒマワリが満開になった。 最初はチラホラ、まばらだったが、 大きいの小さいの、あっちを向いているの、こっちを向いているの、 プロのヒマワリ畑に比べればバラバラだが、こんなにギッシリ大きくなるとはビックリだ。 (…

Solachi体験農園(2015その5)

9月に入ると、修学旅行も目白押し。農家さんは収穫時期と重なり、毎週来られたら仕事にならないだろう。NPOのヨコ爺とその仲間達が手弁当で耕作しているsolachi農園は、当然ながらレギュラー実習地となっている。 早朝の小豆畑 早起きは三文の徳、ほんの一…

カーラジオ(ヒューズ)の荒っぽい修理

このブログで閲覧件数の多いのは、DIYカテゴリー。中でも「修理」シリーズのプリンター修理が未だに毎日ベスト10位内となっている。ブログトップや農作物は一割を超えたことがない(。>_<。) 。 そもそも、「北海道移住」がテーマなのだが・・・・・ しかし、…

煙突掃除

煙突だけに今日の記事は長い 逆に日は短くなり、北海道の夏も終わりが近づいた。こないだ、しまったばかりジャケットを、もう引っぱりだしてきた。今年は、薪の準備もほぼ完了、約2年分のストックができた。 そこで、二冬使った薪ストーブだが、煙突掃除を…

小豆畑(その3) 鹿の食害

とうとう、大量にやられてしまいました。 莢はこんな風に、順調に大きくなってきていたのですが・・・ ひと晩で、半分近くが食いつくされた模様 きれいに根元まで莢が無くなっています。あっても一つか二つ。 ショックぅぅぅ おまけに莢が有っても踏みたおさ…

小豆畑(その2) 注意! 虫です(幼虫の背脈管)

地主さんは豆の専門家です。 以前からに殺虫剤と殺菌剤の散布を勧められていましたが、なるべく農薬を使いたくないので、様子を見ていました。 葉の虫食いは、ほとんど見られず安心していたのですが、 ところが最近、異状発見! 肥料不足の株でも、既にあず…

ルートバケットの修理

トラクターの前についている、バケットが破損した。 果樹園の開墾時に無茶をして、ブレーキパイプを破損したときに、同時に壊してしまいました。 伐採した樹木を力任せに、おっつけたのでサイドバーが折れたのです。 なんとも「痛ましい」です。(北海道の方…

小豆畑

8月中旬の小豆畑 草取りがこんなに大変だったとは(。>_<。) 。 畝間や株間を広く取ったら、作物はすくすく育つだろうは、間違っていました。 雑草が蔓延る余地を拡げるだけでした。 それでも毎日、這いつくばって、雑草取りしています。(^_^;; その甲斐あっ…

ハスカップの挿し木(その3) 虫です

虫の苦手な人は、見ない方がいいです。 トンボの大群 突然、家の前にトンボの大群が現れました。 こんな大群を見たのは、この日だけでした。 雑草や野花の植生も毎年変化しますが、昆虫の種類も毎年変わります。 2年前、たくさん見たスズメバチは、昨年激減…

DIY小物

電動カンナ ヤフオクで2,200円、あまりに古いので手に入れたものの、動作も確認せず半年以上放置していました。 電動カンナは、DIY記事で、あまり役に立たない電動工具とありました。購入するならサイズの小さい物を勧めていました。実際最近の新製品は小ぶ…

単管パイプ小屋(その4)

単管パイプ小屋 板壁 壁板をやっと張り終えました! 体調が回復し、6月中旬から再開しましたが、 天候不順、畑の草取りと、なかなか時間がとれませんでした。 1ヵ月半の作業でした。 昨年は、屋根が出来たところで、中断していました。 基礎は、コンクリー…

ホンダGX610 エンジン燃料ポンプの修理

汎用エンジン「ホンダGX610」の燃料ポンプを分解修理する機会があったので紹介します。 ポンプは動力ポンプではなく、ダイヤフラム式です。 用途は、ビーンハーベスタ(豆刈り取り機)に登載、格安で譲っていただいたものです。 長年使用しておらず、ム…

自生イチゴ?

青い池 長男が遊びに来たので、はじめて行ってきました。 あまりにも有名な「美瑛」の観光地なので、相当期待してしまった・・・・ けっこうゴミが浮いていたりして&観光客が多かったりして・・・ それにしても写真写りは、宮崎の「高千穂峡」と同じく、 フ…

Solachi体験農園(2015その4)

今回は名古屋からの来園です。 共学ですが、たまたま男子ばかりの班でしたが、 礼儀も正しく、元気いっぱい、仲よく頑張って、清々しい高校生諸君でした。 前々回と同様、急斜面にトウモウロコシの苗を植えてもらいましたよ。 2人一組で、苗を等間隔に置い…

ピンクのマツヨイセンノウ

宅地の下で ケロミがピンクのマツヨイセンノウをみつけました。 昨年、2~3本だったマツヨイセンノウが、今年増殖しています。 通常は白い花で、ホワイトキャンピョンと呼ばれ、このが私設道わきにたくさん生えてきました。 ホワイトキャンピョンに対して…

Solachi体験農園(2015その3)

本日も京都の高校、降ったり止んだりのややこしい天気でした。 今の時期、農作業としては、生徒さんたちに楽しんでもらうようなものはあまりません。しかし、地道なとても大切な仕事があります。 害虫や雑草の防除です。 苗が幼いころは、変な虫がつかないよ…

Solachi体験農園(2015その2)

いよいよ高校生の農業体験受け入れが始まりました。 今日は、京都からの修学旅行生6クラス200名の高校です。 が・・・・・・・・・ あいにくの雨 solachi自慢の十勝連峰も霞んで見えません。 雨具持参だったので、なんとかsolachiの畑を案内。 その後 ガ…

プラウ 

プラウ(plough)のアタッチメントを、地主さんから譲ってもらいました。 日本では犂(すき)という道具が昔からあり、土壌を深く掘って天地をひっくり返す作業です。鋤(すき)も反転耕起するが、手持ちの道具のこと。 ロータリーなどの耕運機より、さらに…

ハスカップの挿し木 (その2)

メネデールに浸していたハスカップの枝は、ほぼ全数、芽が出て、マルチに刺したのが5月26日でした。 その後、9割以上生長を続けていましたが、最近枯れるものが出て来ました。 芽が出ても、発根しないものがあるようです。 また、アブラ虫の害も確認した…

果樹園(その6) 電牧

ヨコ爺がsolachiの畑で3頭の鹿を目撃、 畑のあちらこちらでも、大きな足跡がみられるため、 果樹園に電気牧冊を設置しました。 12Vの自動車バッテリーから700Vの電撃を発生させる装置です。 バッテリーには、ソーラー発電で日中充電するしくみ。 この…

HATAKE状況(2015Jun23)

小豆畑 solachiの畑は雑草ばかり。 播種が遅かったのか? 圃場が湿気っていたのか? 種蠅にやられたのか? 播種深度が深すぎたのか? 発芽率は5割程度ととても低い(>0<) この中にやっとこさっとこ、小豆が芽を出しています。 どれだか判りますか? ヒン…

早起き

続けて、投稿です。 というか、MyPCが 無くなったので、ブログ更新できる時が限られている。 最近体調も回復、早起きしたら、久しぶりの雲海。 というより、敷地の高さより下方は何も見えない濃霧でした。 隣の畑に白い斑点が・・・何だか判りますか? 蜘蛛…

近所にカフェができました

「IPPO Cafe&Bread」さんです。 オーナーは神戸からの移住者さん、私達とほぼ同じ頃に北海道に来ていました。 近所と言っても車で15分、 廃屋をリノベーション、ハーフビルドです。 国道を走っていると、なんか気になる建物に気付いていたが、人が住んでい…

マルチャー

農業用マルチの設置を手伝いました。 かぼちゃ畑の準備です(NPOにお貸ししている私の畑)。 マルチング(mulching:土壌被覆)に用いる資材は、ポリエチレンフィルムの他、紙や今回使用した生分解性フィルムなどがあります。 地温の上昇、乾燥防止、除草な…

Solachi体験農園(2015その2)

今回は、スイートコーンの苗植え実習 育苗トレーに準備された、ゴールドラッシュの苗100株×10ケースを 中学生6人に植えてもらいました。 馬鈴薯とちがって、カラス口という道具を使って、等間隔に正確に植えていくので、時間がかかりました。 心配して…

東大北海道演習林の自然観察会

東京大学北海道演習林の「自然観察路春季一般公開」(5月31日)に参加しました。 演習林職員の方が動植物を詳しく説明しながら、約2時間の散策でした。 ふだん、演習林内に立ち入ることはできませんが、東大では毎年、自然観察会やハイキング、セミナー…

小豆たねまき

雨が続いて、小豆の播種期限が迫ってきました。 遅くとも5月中に播種しないと間に合いません。 植えつけ時機が遅れると、当然収穫時期が遅れるが、 収穫時期が遅れると、未熟な状態で霜に遇うと全滅するのだそうです。 昔は、集落全体で青草を燃やし、煙で…

Solachi体験農園(2015その1)

solachiの畑ですが、地元のNPO法人さんに一部お貸ししています。 このNPO法人さん、地元農家さんの協力を得て、道内中高生や全国の修学旅行中の体験学習として、農業体験を受け入れておられます。 昨年も数校が、solachiの畑を訪れましたが、今年からは、も…

山菜 etc.

やまわさび?? ご近所さんに「畑に植えると増えるよ」と頂きました。 本体は、わさびそのもの、おろして醤油かけただけでも美味しいが、タマゴかけご飯が最高だった。 頭の部分をそのまま10株ほど植えたら、どの株からも 色々な形の葉っぱが出てきた。 1…

野花(5月)

2週間は無理できないが、じっとしていられないたち。 台風も過ぎ去り、 鳥の鳴き声に誘われて、外に出てみたら虹。 うろうろしていたら 野花も可憐に咲いていた。 名前をしらべてた 撮影場所:金山峠 他 ↑ 「野花」「春」「黄色」「北海道」検索すると:「…

HATAKE状況(2015may11) 霜注意報!

昨年植えていたアスパラガス 厳冬に耐え、ひょろ長く伸びて来ました。 アスパラは、2年間は食べずに成長させ、根に栄養を貯めるのですが、 霜注意報が出た。 今朝の外気温計はマイナス1度。 昨日、ヨコ爺から「アスパラは霜に当たると成長が悪くなるので、…

ハスカップの挿し木 (その1)

一昨年、ご近所さんにいただいたハスカップ→(このブログ:ハスカップ狩り) その後、ハスカップジャムやハスカップソーダのファンになりました。 地元スーパーにも、ジャムやジュースは販売していますが、以外と高価です。 そこで、ハスカップを自家栽培する…

「キトピロ」と「クレソン」

連休に突入、国道の車も多くなっているが、 農作業は、これからが本番、休んでいる暇はない。 ところが、頼りの「ヨコ爺・ビンテージトラクター」がオーバーヒートしてしまった。 ラジエターのゴムパイプが割れてしまったのだ。 どうも、solachiは機械の扱い…

ビニールハウス(その2)

やっと桜の季節がやってきました。 あと2~3日で満開 入り口のコブシは満開 ネギ君達は既に食べ頃 ビニール掛け すっかり遅くなってしまった、ビニールハウス作り 昨年11月にヨコ爺からいただいて、骨組だけ建てかけて、そのままにしていたビニールハウス…

果樹園(その5)

抜根とボサ片付け サクランボの苗が届いたので、急ピッチで抜根し,ボサを片付けました。 切り株が多くて、ユンボとトラクターでボサを払い除け、抜根しては前に進みます。 急斜面なので、谷側から攻めますが、抜根した穴にはまると重機が大きく傾きヒヤヒヤ…

シラカバシロップ

お待たせしました! 田舎の春はやっばりいそがしく。プログ更新サボっていました。 とっくに、できていたシラカバシロップです。 2リットルをおちょこ一杯(約40cc)まで煮詰めました。 薪ストーブにかけて3日かかりました。 無色透明のシラカバ樹液でした…

シラカバ樹液の採取

寒のもどりか、寒い日が続いています。 畑は8割方土が見えてきました。 先日、市議さんがお友達を紹介してくださいました。 同じ大阪出身のY氏、「北の国から」の六郷でワイルドな生活を愉しんでいられるとか。 山菜採りからカエデ樹液やシラカバ樹液へと…

初物

融雪剤 近隣の畑では、融雪剤が播かれ、日差しは暖かく、いよいよ春です。 既に土が露出している畑も見かけます。 農家にしてみれば、少しでも多く土と作物に日を当てる、収穫が早ければ価格も上がる。 トラクターの燃料代や材料費はペイするというわけ。 白…