読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近場のドライブ

 

小春日和のドライブ

生活環境の整備に追われて、しばしの休暇は、なんと今年はじめてでした。

 

麓郷展望台

展望台へのプロローグは松林(ストローブ松)

f:id:solachi:20141019110024j:plain

北の国から’92で純と蛍が雪の山道を歩いた所、五郎さんが熊に追いかけられた所」

 

 

トンネルを抜けると、「お花畑」と「紅葉」と「冠雪」。

わが家で見る「富良野岳」は、ここでは頭だけ。

f:id:solachi:20141019112015j:plain

 

こちらが展望台です。

前方には芦別岳や夕張岳が遠くに見えます。

f:id:solachi:20141019113454j:plain

 

展望小屋の向かいには、うれしい看板

f:id:solachi:20141019113413j:plain

外国人が多いのでしょうか? 立ち入り禁止の看板に見えるのでしょうか?、まだたくさん残っていました。

ケロミと一本ずつ頂戴しました。

 

帰りに寄ったのは、原始ケ原登山口

ここまで来ると、富良野岳は近すぎてほとんど隠れてしまいます。

白い輪郭だけがかろうじて見えています。

麓郷富良野岳の麓ですが、芦別岳がよく見えます。

f:id:solachi:20141019124422j:plain

 

ここから原始ケ原や富良野岳に。

山岳会の方々が、橋の修理や山小屋の準備をされていました。

その中のお一人が獣医さんで、なんとわが家の地主さんの馬を診ていたとかで、話がはずみました。

f:id:solachi:20141019130929j:plain

 

くるみ拾い

こんな葉っぱ胡桃の木です。

既に、実は全て地面に落ちていました。

f:id:solachi:20141015094903j:plain

枝の下には、わかりにくい黒い物体

f:id:solachi:20141015094437j:plain

 

よく洗って乾燥させます。

吊るしておけば数年も保存できるとか。

f:id:solachi:20141016140443j:plain

 

 

 小鳥が玄関マットの上で動かない

f:id:solachi:20141020100309j:plain

 カメラを近づけても、首をかしげるだけ。

ドアを開けも閉めても、逃げません。

病気かな?

ひっょとして、鳥インフル

慌てて、役場に連絡。

「担当者が引き取りに行くので、触らないで下さい」

しばらく見ていても首を動かすだけ。

ほれからぁ

目を離した隙にいなくなった。(;゚ロ゚)

「毎度お騒わせ いたします」m(._.)m