読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルチャー

農作物

農業用マルチの設置を手伝いました。

かぼちゃ畑の準備です(NPOにお貸ししている私の畑)。

マルチング(mulching:土壌被覆)に用いる資材は、ポリエチレンフィルムの他、紙や今回使用した生分解性フィルムなどがあります。

地温の上昇、乾燥防止、除草などの効果が期待できます。

ハスカップ挿し木に使用した、黒マルチはポリフィルムで、使用後は剥がしたり廃棄しなければなりません。

 生分解性フィルは、そのまま土に鋤き込むことが可能で、かぼちゃなど蔓が伸びる作物に敵していると言われています。原料は石油系と植物系があるようですが、いずれも最終的に水と炭酸ガスに分解されるそうです。ただし、完全分解するまで条件によっては長期間かかる場合もあり、継続使用の土壌微生物への影響は未知数とのこと。できる限り廃棄した方が良さそうです。

 

 小規模のマルチングは、手作業で十分ですが、

広範囲の設置は機器「マルチャー」を使用します。

今回は、ご近所農家さんから「人力で引っぱる仕様のマルチャー」をお借りして、 

f:id:solachi:20150608112621j:plain

 ヨコ爺ビンテージトラクターSTIGER-D26Fにくくりつけて、ロータリーで耕しながらマルチングします。 

 

いくら機械といえど、セッティングや作業にはちよっとしたコツがあります。

何度が試しているうちに、ヨコ爺とのイキもぴったり、

2時間ほどで約1反半の「かぼちゃ畑」の準備完了。

f:id:solachi:20150608124848j:plain

次回は苗植えが大変そうです。