読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう春かぁ

神戸は既に桜が咲いていました。

f:id:solachi:20170308115400j:plain

富良野トンボ返りです。

占冠からの帰り道、「富良野国道」(237号線)の腋に、伐採木の山がありました。これだけで芸術品ですね。

f:id:solachi:20170308165600j:plain

 しかも、スケールが大きい! 思わず車を停めて携帯に納めました。木の香りがとても強く、撮影の刹那でも癒やされました。やっぱり北海道は良い。神戸や大阪は北海道にくらべて、とても寒く感じます、なぜだろう?

f:id:solachi:20170314221521j:plain

樹種は回りの林から察するとトドマツのようです。

今日のお仕事

 敷地の入口に大きな「コブシ」の木があって、枝が電話線に接触しそうになっていました。一昨年あたりから枝を切ろうと思っていましたが、斜面に立っていたり、枝が相当高い位置なので、どのように切ろうか思案していました。

 富良野は、まだ雪が数十センチほど残っています。今なら雪のお陰で、木は相対的に低くなっているし、枝から転落しても雪がクッションになってくれるので、怪我もし難いと考えて、枝打ちを決行しました。

 なにやら、あやしい人影ですが、手前の太い枝をチェーンソーで切り落とそうとしたのですが・・・・・あちゃ!。

f:id:solachi:20170226141100j:plain

 約半分まで歯が入ったところで、枝が折れて、下半分がもぎ取れてしまいました。先に下縁に切り込みを入れておくべきでした。いきなり上縁から切り始めたのがいけませんでした。

 

f:id:solachi:20170309153400j:plain

 このままだと、切り口が大きく、菌が入って樹木全体を枯らしてしまうかも知れません。現在、東京大学演習林の研修会に参加させていただいています。樹種の同定や、自然林保護について学んでいますが、こんな時の対処方法も教えてもらいました。

 先ず、もぎ取られた面積をできるだけ小さくするために、残存部分を切り落とします。切断面は可能な限り地面に向け、雨が当たらないようにします。この場合、高所での作業だったので、切断面を垂直にするのがせいっぱいでした。下方に水が溜まりそうだったので、チェーンソーで溝を掘って、雨が流れるようにだけはしました。

f:id:solachi:20170309155800j:plain

 最後は、コーキング剤を塗り付けて、保護しておけば、腐敗から守ることができるそうです。コーキング剤の代わりに塗料でも良いそうです。この老木は、この他に枝の自然落下によって大きな穴がいくつも空いていて、腐れが多く見られます。長生きしてくれるのを願うばかりです。

f:id:solachi:20170309162100j:plain

スノーモービル嫁入り

 移住して最大の問題は、除雪でした。都会からわざわざ北海道に来たのだから、家を建てるなら、できる限り自然に囲まれた閑かな場所にと考えるのは、私だけではないと思います。それで、今の居宅は山の中な訳ですが、除雪道路から700m、標高差40mほどあります。裕福な自治体や移住促進に積極的な自治体なら、移住者が家を建てれば、私道であれ除雪してくれるようですが、富良野市は「そんな所に家を建てても、市では除雪しませんよ」と最初からクギを刺されていました。最近では町内会の皆さんや、地域の自治会から市に対して、除雪の陳情をしていただいているのですが、答は「ノー」です。

 そこで、お世話になってきたのが、このスノーモービルでした。

f:id:solachi:20170222153953j:plain

 毎週、ケロミを後ろに乗せて、スノーモービルで食料の買い出しに出かけていました。ハンドルにもヒーターが付いていたりして、新深雪を猛スピードで飛ばすと、まるで雲の上を走るような感覚です。薪もこのモービルで運んでいました。初めての冬は結構楽しみましたよ。

 しかし、吹雪いたり荷物が多いと、流石に辛くなります。直ぐにくじけてしまいました。2年目からは、トラクターと除雪機を購入し、自力で除雪しています。

 で、使わなくなったスノーモービルヤフオクに出品したら、開始価格で落札されてしまいましたY(>_<、)Y。最低価格とはいえ、業者引き取りに比べれば高価だし、承知していた価格なので喜ぶべきなのですが、最近は山の斜面でも乗りこなせるようになり、冬の遊びとして面白くなってきたところでした。ただ、このヤマハスノーモービル重心位置が高く、転倒し易いです。山の斜面をガンガン走るタイプではなく、林道やゲレンデ用だと思います。遊び用としては不向きなので、新しいうちに売却できて良かったと思います。でも、無くなってしまうと寂しいものですね。売買代金以内で、スポーツタイプのものが手に入ればいいなぁ。うじうじ・・・。