畑状況、共謀罪じゃないか

やってきましたイチゴの季節

 いよいよイチゴが色づき始めました。今年はハウス内をヨコ爺がロータリーをかけてくれました。3年近く収穫したイチゴも元気なライナーだけを切り取って、植え替えました。小さな苗でも、いきなり大きなイチゴが生るのですね。これから、しばらくはイチゴ三昧です。

f:id:solachi:20170619175029j:plain

 畑状況

 前々回の記事(農業体験-2)から1ヶ月経っています。気温が低いせいもありますが、生育が芳しくありません。見にくいですが、前回の記事と同じく、2列有るはずの畝が、豆の種類によって左側の1列しかありません。

f:id:solachi:20170619182003j:plain

 原因は、左右で違う人が植えたので、右側の種が深く植えられた可能性が高いと思っていました。しかし、右側もところどころ出芽していますし、逆に左側にもと欠株があります。手亡豆や小豆は全滅状態です。特に手亡と小豆は、深く植えすぎないように直接指導したにもかかわらず、ほとんど出芽していません。

 正常な花豆は、こんな感じで生育し蔓も出ています。

f:id:solachi:20170619182156j:plain

 生育不良の株の脇を掘ってみましたら、なにやら「あやしい」ものを発見!

f:id:solachi:20170619181744j:plain

 共謀罪じゃないか?

 拡大すると、こんな奴らがビョコビョコ出てきました。じっとして動きません。

虫か? 卵か? 蛹か? もしかして「おまえら、犯人かぁ?」

f:id:solachi:20170619181615j:plain

地主と軽察官:「よく分らんが、被害のあった近くに、お前らが居たのは事実だな」

 虫くん:「被害が本当にあったのですかい? 私たちは、ここで生活していただけですよ。だいたい、おいら達が本当の地主なんだけどなぁ、ぶつぶつ・・・・」   

軽察官「なにをぶつぶつ言ってるんだ、今、複数で何やら相談していたな?」

 虫くん:「何も言ってませんよ、おいらはただ寝ていただけだい」

軽察官:「こんなところで、寝ていただなんて嘘をつけ、だいたい、何を食って生活しているんだ、たらふく豆の芽を食って、眠くなったんだろう。今度は別の豆を喰おうと相談していたか、それとも次の行動のために相談と準備をしていたんだな」

 虫くん:「何を根拠に、そんな殺生な事を言われるんですかい?」

地主と軽察官:「ははは! 遅れてるなぁ。今国会で成立したテロ等準備罪を知らないのかぁ。」

 虫くん:「あの悪名高い、共謀罪の事ですかい」

軽察官:「田舎者のくせに、よく知ってるな。それなら、話が早い。わしらは簡単に誰でも逮捕し、処罰する権限が与えられたんだぞ」

 虫くん:「おいら達、善良な一般人ですよ。」

軽察官:「つべこべ言うな嫌疑をかけたのだから、おまえら立派な捜査対象だ。全員逮捕する」

 虫くん「まさか、選挙で選んでやったのに、自分が当事者になろうとは、思ってもいなかったよ」

 ギョッ! 取り調べ中に負傷者が出ている、「おい、ごん兵衛大丈夫かぁ」

f:id:solachi:20170619181725j:plain

 いやぁ、ひどいものですね。真犯人かどうか分りませんが、捕獲した瞬間に潰して処罰してしまった。

 この時期、豆の被害といえば「種ハエ」です。農薬を使っていないので、被害にあったもようです。

 もしかしたら「冤罪」かも知れないので、ネットで色々調べましたら、やはり「種ハエの蛹」のようでした。ちょっと安心しましたが、彼らが本当に喰ったかどうかは、検証できていません。

 たとえ彼らが喰ったとしても、彼らも必死で生きるためですもんね。捕獲したのは3匹だけ、1匹は即死しましたが、2匹は釈放しました。うん? 釈放したということで検証不十分の自分を慰めている? 

 いやぁ、人間って本当に身勝手なものです。権力や権限を与えられた瞬間嫉妬弱い者いじめ依怙贔屓を始めだし、自分達がその特権の座に居座り続けしがみつく。シンゾー君やスガっち(他の人々)ばかりを私も責めていますが、自分は何者なのでしょう。この尊い命は誰から与えられているのでしょう。

 欠株は、種や苗を植え替えましたので、まだまだ諦めません。共存できたら一番です。 (実は、私も虫くんたちと同じ目に会いました)

広告を非表示にする