もらってきた材料でパイプ小屋を建てるぞ(その1)

 富良野周辺の過疎はまだまだ留まっていないようです。2年前に空き家の調査に参加させていただいた時も、我が地域だけで廃屋を含めて100軒近くありました。「北の国から」の五郎さんなら「拾ってきた家」が何軒も建てられるのですが、むやみに拾ってくると、窃盗罪になりかねません。

 今回は、ちゃんとお許しを得て、もらってきた材料で小屋を建てることにしました。前回は、新品の単管パイプと我家の建築時に出た残材でガレージを作りましたが、今回は、少し小ぶりで農機具とスノーモービルを収納するためです。

 もらってきた材料

1.束石付きパイプ

 テニスコートの壁網に使われていた基礎の束石付パイプです。太さは60.5ミリでネットで調べるとJIS規格50Aと呼ばれる鉄管のようです。5本もらってきました。

f:id:solachi:20170601060148j:plain

2.束石から切離されたパイプと単管パイプ

 基礎がない上記パイプ10本程度と、単管パイプ(直径48.6センチJIS規格40A)2メート~5メート数本づつ。

f:id:solachi:20170707154740j:plain

3.角型ガルバニウム鋼鈑

 積雪で崩壊したD倉庫の解体現場からもらってきた、妻壁(つまかべ)に使われていたガルバニウム塗装鋼鈑。3~6メートル、30枚程度。

 なんと、妻壁だけに、危険な解体現場に貰いに行ったのはケロミじゃありませんか。夫の道楽のためにここまでするとは、よっぽど・・・・・・・な妻だな。へへ(≧∇≦)/

f:id:solachi:20170719110900j:plain

 

さてさて、これだけの材料で、どんな小屋ができるやら、北海道はやっとカラッとした好天に恵まれ、湿度の低い爽やかな気候になっています。緑が濃くなり、麦も借り入れシーズンに入りました。

f:id:solachi:20170719115707j:plain

畑の様子 2017/7月

緑肥

 NPOから開放された南の畑、今年は緑肥を播いて休ませます。と言うか、来年もここは広すぎて、作付けする予定がありません。しばらくは木が生えてこないように、緑肥か景観用植物でも種を播く予定です。

 緑肥用の「黃カラシナ」(2kgの種)が満開になっています。

f:id:solachi:20170719150032j:plain

 既に花の下には鞘も付けていますが、このまま熟させてから、ロータリーですき込めば、来年は種を播く手間が省けるのかな? それとも種を取って粒マスタードでも作るかな? よく分りません。

f:id:solachi:20170719150011j:plain

 すく隣の場所に、燕麦も播いています。既に穂が出てきましたが。背丈が低いです。うまく生育してくれれば、これから麦藁を穫ることが出来ます。

f:id:solachi:20170726171113j:plain

 景観用植物としてヘアリーベッチも播きました。種メーカーの謳い文句ではアレロパシー効果で雑草を抑えるとありますが、今のところ雑草に負けているようです。

f:id:solachi:20170726180006j:plain

 

農業体験で生徒さんたちが植えてくれたもの

 カボチャ」 まだ小さいですが、順調に生育しています。

f:id:solachi:20170726173733j:plain

 「ホワイトショコラ」(スイートコーン)150センチ程度に伸びて、雄花、雌花ともに出揃っています。タワラ(実の部分)も少しづつ大きくなっているので、台風にでも倒されない限り、収穫できそうです。夫婦二人では食べきれないので、皆さん是非食べに来て下さい(8月10日頃が食べ頃かな)。

f:id:solachi:20170726174016j:plain

「軟白長ネギ」 皆さんが、壁に寝かせて植え付けたネギですが、どうですか、ちゃんと垂直に伸びてきていますね。今は、ここに藁を敷き詰めて、軽く土を被せています。

f:id:solachi:20170712155541j:plain

「花豆」赤花豆。白花豆とも欠株が出たので、後から苗を育てて補充しました。ところが、豆には色が着いていますが、苗にすると赤か白か分からなくなりました。なんて頓馬なんでしょう。赤白混じってしまいました。

白花豆の花

f:id:solachi:20170712160907j:plain

赤花豆の花

f:id:solachi:20170726172743j:plain

金時豆の花

f:id:solachi:20170712161617j:plain

奥から、「花豆軍団」「馬鈴薯軍団」「雑草軍団」「人参軍団」です

f:id:solachi:20170726173910j:plain

 

果樹

ハスカップ

 挿し木をしてから3年目を迎えるハスカップ。まだまだ小さいですが、少しは収穫できるようになっています。やはり挿木苗は実生苗に比べてい実付きが早いです。

f:id:solachi:20170704174706j:plain

 3kg以上収穫できました。ほぼ1年分のジャムが確保できます。今後は、ジャムだけでなく、塩漬や麹漬を試して料理に使う方法を考えなくてはいけません。

f:id:solachi:20170704194545j:plain

 サクランボ

 サクランボも3年目になりますが、昨年より花の数がとても少なかったです。木の勢いも弱っていて、まだまだ実がつかないと思って諦めていました。下草を刈るのもサボっていました。先日、様子を見に行ったら、なんと一つだけ熟した実を発見しました。

 10本植えて、一粒だけですが、記念すべき最初の果実です。ケロミと半分づつ食べたサクランボは甘かったです。

f:id:solachi:20170710183926j:plain

 カリンズ

 カリンズ(フサスグリ)の実も熟して、レットガーランドと呼ぶにふさわしくなっています。ここまで赤くなっると、甘酸っぱくなっていますが、まだまだ量が少ないので、ジャムにはできません。

f:id:solachi:20170719182214j:plain

 果実は、一度大きくなると手がかからないので、楽だと思っていましたが、幼木のうちは、意外と手間がかかりますし、結果がなかなか見えてきません。収穫まで数年かかるので、私のようなせっかちには不向きかも知れません。枯らさないように世話ができたら良いのですが・・・・・・樹木栽培ができる人を尊敬します。