リモートカメラ、そろそろ薪作り始めっか。

 今シーズンも焚きに焚きましたよ。ひと冬でこのコンテナ8基分です。実は少し残っていたのですが、ここ数日の寒さで全部使い切りました。

f:id:solachi:20180614133508j:plain

 昨年、横爺に手伝ってもらって作った、フロンフォークです。普通はトラクター後方の3点ヒッチに取り付けるのですが、頚椎症で後ろを向いての作業が辛いので、フロントローダーに取り付けるように加工したものです。

f:id:solachi:20180614130823j:plain

 ところが、運転席からは、ボンネットが邪魔してフォークの先が全く見えません。

f:id:solachi:20180614130928j:plain

 コンテナ下部の狭い隙間に、フォークを差し込むのですが、何度も運転席から降りて位置を確認しないと、うまく差し込めません。フロントローダーは垂直動だけでなく、上下の角度も自在に変えられるのですが、それがアダとなって地面に突き刺さったり、コンテナの隙間の上に刺さったりするのです。ひとり助手が居れば、なんてことない作業なのですが、そうも行かない。

f:id:solachi:20180614133439j:plain

 そこで、去年から色々考えました。鏡を取り付けるとか、カメラを取り付けるとか。帰阪の折に、電気街で防犯カメラやマイクロカメラ、ネットカメラなども物色しましたが、配線や機材など、どうも大げさになります。

 ところで、昨今のコンパクトカメラはWi-FiBluetoothで画像をパソコンに送信できるのですね。スマートフォンもそうなのですね。カメラのリモート撮影というのは、ずいぶん以前からあったのを思い出し、もしやと思って試してみました。数秒のタイムラグはありますが、なんとか実用にできそうです。

 DIYといういう程ではありませんが、フロントローダーに100均のL金具でカメラを取り付けて、カメラのメニューからワイヤレス通信をon。

f:id:solachi:20180614131414j:plain

 運転席でiPadのアプリを開くと、リアルタイムでフォークの先端を見ることができました。

f:id:solachi:20180614131857j:plain

 スマートフォンでも同じことができます。手持ちの機材で、なんとか解決しましたが、万能ではなかったです。カメラは単眼なので、遠近感がありません。文章では表現しにくいのですが、上下に離れているのか前後に離れているのか、判別できないのです。全く見えないよりはマシですが、作業になれるしかないで様です。

 これで、薪運びの準備はできました。

 さあ、これから薪作りを始めます。冬に伐採したカラマツ20本が待ってます。細い太いはありますが、いずれも60年生、樹高30メートルのカラマツです。

f:id:solachi:20180429164443j:plain

f:id:solachi:20180429164407j:plain

 ああこれ、再来年の分です。来シーズンの薪は既にできてます。

松ぼっくり?

 春に撮ったカラマツの新芽です。若葉と雄花が下向きについています。カラマツは落葉針葉樹で毎年、落葉するので葉っぱの色が鮮やかで、盆栽にも人気があるとか。

f:id:solachi:20180429165800j:plain

 こちらは、今日撮った雌花(球果)です。もっと若いものでは赤いらしいのですが、まだ見たことがありません。松ぼっくりも、もう一度よく観察してみると面白いかもしれません。

f:id:solachi:20180614135414j:plain


 

 

今年は大納言

 先日、最高気温が30度を超えたのに、昨夜の最低気温が5度まで下がりました。一度、薄着になって衣替えしたところなのに、またまたフリースを取り出して、薪ストーブ焚いています。

 今年の畑はちよっと休憩して縮小ですが、何も作らないのは寂しい。そこで、いつもの小豆は品種を変えて「大納言小豆」に挑戦です。直播きは「種バエ」の餌食になるので、苗を育てることにしました。

 くん炭培土の作成

 「種蒔き培土」と「くん炭」を用意します。

f:id:solachi:20180521180446j:plain

 最初は等量ずつ配合しましたが、水持ちが悪く毎日水やりしないといけませんでした。逆に培土が多すぎると、湿気て豆が傷むようです。発芽しやすいのは培土:くん炭=6:4くらいでした。

f:id:solachi:20180521180835j:plain

 セルトレーに2~3粒入れて、上から培土をふりかけておきます。

f:id:solachi:20180521183311j:plain

 今年は、ビニールハウスも休憩です。ビニールを張らずに、トンネルで苗を育てました。数日で発芽し、2周間で定植しました。ハウス内は昨年収穫した燕麦を緑肥として播いています。

f:id:solachi:20180524105927j:plain

再び「かんの温泉

 ご近所さんと行った「かんの温泉」、泉質があまりに気に入ったので、今度はケロミを誘って一泊しました。新緑がきれいです。

f:id:solachi:20180525151251j:plain

 道路脇に、何やら大きな葉っぱが、あちらこちらで見かけました。

f:id:solachi:20180525153122j:plain

 車を止めてみると、なんと水芭蕉でした。小さなかわいい花だと思っていましたが、巨大になるのですね。

f:id:solachi:20180525153144j:plain

 一泊2食付き1万円は、秘境温泉としては割高ですが、日帰りはもったいない温泉です。

f:id:solachi:20180526094309j:plain

 前回も書きましたが、かんの温泉は数種類の泉源があり、小さな湯船ですが色々な温泉を楽しめます。今回、宿泊して初めて入ったのが、足元湧出の「イコロ,ボッカの湯」です。他の湯船と違って宿泊棟の中にあるので、分かりにくい所にあります。勿論、日帰り客でも入れるのですが、男性専用日と女性専用日があるので、日帰りでは入れる確率が50%です。足元湧出ですから、岩風呂の底からブクブク温泉が湧いています。おしりから熱くなる、まさしく「源泉かけ流し温泉」の独り占めは最高でした。

f:id:solachi:20180526062918j:plain

 

 

季節に追われて

 5月も天候に恵まれ、どんどん季節が進みます。雪融けがつい先日だたのに、もう草はボウボウです。オオジシギの急降下音を聞いたかと思えば、アゲ雲雀が鳴き。ウグイスが鳴いたかと思えば、春蝉が朝から騒がしくなりました。今はカッコーが早く種を播きなさいと、せかされています。まったく季節に追われている様な感じ。

ビオラ

玄関先こぼれ種からは、毎年異なった配色の花が咲きます。砂利の上でもおかまいなしに増えるので、楽しみです。

f:id:solachi:20180523124843j:plain

f:id:solachi:20180523124832j:plain

山ウド

 山菜採りもたけなわですが、山ウドは、もうしばらく採れるようです。といっても、山ウド採りは今年が初めて。ウドの香りが好きですが、スーパーでバックに入っている軟白ウドしか見たことがなかったので、山に入ってもはてさてどれがウドやら分かりませんでした。ご近所さんに尋ねたら、パック入りのウドを買ってきてくれましたが、葉っぱが付いていないので、参考にならず。

 とりあえず、自生している場所を教えてもらい、それらしい物を探してみました。

f:id:solachi:20180518111150j:plain

 どれだか分かりますか? 茎を折って匂いで確かめてみました。

f:id:solachi:20180518111205j:plain

f:id:solachi:20180518111348j:plain

 

 

 

 

こちらも、ウドに似ていますが、匂いがしませんし、葉っぱの形も少し異なります。

 で、この日の収穫です。オーソドックスに若芽は天ぷら、茎は酢味噌あえでいただきました。

f:id:solachi:20180519092209j:plain

HATTORI号

 友人から貰った、フルスクラッチビルドの電動飛行機です。5S-2600mahのリポバッテリーを新調して飛ばしてみました。初飛行は風が強かったせいか、あおられて舵が効かず危うく落とすところでしたが、なんとか回収。2回目はほぼ無風状態で飛行、最初が嘘のように素直に飛んでくれました。軽く作られているので、滑走距離が短く、沈下率も高いので着陸も容易でした。

f:id:solachi:20180523183001j:plain

 

 

ぶらり温泉旅(3)

クリオネ

 実物を見たのは初めてです。ウトロのホテルの水槽に大量に泳いでいました。

知床五湖

 知床はゴールデンウィークからが本番。連休前は混み合っていないだろうと、思い立っての温泉旅でしたが、知床横断道路も開通していないし、観光船も夏しか岬先端まで運行していません。次回は夏に行ってみようと思います。

 それでも知床五湖は少しだけ、見ることができました。クマ対策のレクチャーを受けないと入場できません。観光客も私達二人だけでしたが、熊さんも来ていませんでした。

f:id:solachi:20180424123525j:plain

 半分は木道が整備されていて、熊よけの電線も張ってあるので、レクチャーなしで入れます。

f:id:solachi:20180424131126j:plain

 午前中だけ知床観光して、次の目的地へ。

 途中の道路工事現場で、目を疑う光景に出くわし、車内から思わずシャッターを切りました。重機が宙吊り状態で作業していましたよ。車が通る時は作業を中断するようで、見学する暇はありませんでした。

 

f:id:solachi:20180424135047j:plain

途中の清里町では、きれいな独立峰「斜里岳」を見ながら、最終の川湯温泉へ。

f:id:solachi:20180430222836j:plain

 

川湯温泉

 川湯温泉は、加温加水なしの源泉かけ流し温泉です。PH1.5の強酸性温泉で、アルカリ性温泉のようにヌルヌルするのではなく、肌がツルツルになります。私は肌に合わなかったのか、長時間浸かっていると、日に焼けたように真っ赤になりました。手もガサガサになりました。翌日、観光協会で聞くと、湯あがり時には、真湯で温泉成分を洗い流すのだそうです。

 温泉の写真はありませんが、温泉街の一コマです。

白樺の木が、あれっ? なんか変!

f:id:solachi:20180425080700j:plain

あちらの白樺には、変圧器までついている!

f:id:solachi:20180425080623j:plain

ヌマさん宅訪問

 最終日は、川湯温泉から弟子屈を通って高速が来ている阿寒に向かいました(阿寒と阿寒湖は大分離れています)。阿寒にはブログ友の「ヌマさん」がおられるので、お邪魔させていただきました。移住先輩の色々なお話しを伺うと共に、回復したクルル君が、出迎えてくれて楽しい一時を過ごすことができました。ありがとうございました。写真を撮り忘れたのが残念でしたが、それはまたの機会に。

ELF

 こちらは、最近始めたハンドランチグライダーELFです。手投げグライダーですが、DLG(Discus Launch Glider)といって、翼端を持って円盤投げのように投げ上げます。ソラチ菜園は急傾斜なので、スロープソアリングも可能です。風向きさえ良ければ、いつまでも飛んでいます。youTubeで"DLG"で検索するとすごい動画が出ています。

f:id:solachi:20180418151331j:plain

 

ぶらり温泉旅(2)

 ちょっと遅くなりましたが、温泉旅2日目です。遠回りになりますが、網走経由で知床にむかいました。途中の津別町では「木材工芸館」に立ち寄りました。f:id:solachi:20180423111446j:plain

 木材の標本が沢山ありましたが、樹種の名前だけ馴染みのものばかり、ガイド研修の賜物です。

f:id:solachi:20180423104059j:plain

 

網走監獄

 網走では、旧網走刑務所を移転保存している、博物館「網走監獄」を見学してきました。先週の朝ドラでも出てきましたが、あれも愛知の明治村に移築された網走監獄でした。なにやら脱走者が写っています。

f:id:solachi:20180423122630j:plain

 旧網走刑務所の歴史と建物内を見学できます。明治期、北海道開拓に囚人たちが苦役を強いられ、特に旭川〜網走を結ぶ北海道中央道路の建設には、囚人、看守共に多くの犠牲者がでたのだそうです。庁舎や舎房など、多くの重要文化財が移築されおり、2時間かけても全て見学できませんでした。

f:id:solachi:20180423132924j:plain

 農耕風景も再現されています。

f:id:solachi:20180423130945j:plain

囚人達が使っていた古農具は、ソラチ菜園でも使っています。

f:id:solachi:20180423130446j:plain

 豆の選別風景は、ソラチ菜園より効率的だな!

f:id:solachi:20180423131307j:plain

 もっと見学したかったが、はじめての知床へ急ぎました。

ウトロ温泉

 網走から海沿いの国道244(斜里国道)を走ると、知床半島オホーツク海越に見えてきます。

f:id:solachi:20180423150709j:plain

 釧網線原生花園駅は、5月以降しか停車しません。花も咲いていませんでした。

f:id:solachi:20180423151136j:plain

 明るい内にどうにか、ウトロに到着。食事前に海を見ながら温泉に浸かることができましたが、ここは循環でした。

f:id:solachi:20180423174334j:plain

メッサーシュミットME262 

 連休中は自宅に帰ってます。野良仕事も本格化していますが、RC飛行機でも遊んでいます。はじめてのダクデットファン機です。ギア高が低いので、草が生えていない今だけしか飛ばせません。

f:id:solachi:20180420120443j:plain

  ずんぐりむっくりスケール機は失速しやすく、コロコロします。着陸寸前にパワーを足して、なんとか無事帰還しました。