スチールMS250Cにオレゴンパワーシャープキットをつけてみた

 冬は伐採の時期です

 薪の造材作業は、なにも寒い冬にする必要はなく、暖かい季節でも良いのですが、夏草や笹が生い茂っていると、山に入りにくいのです。冬は、ハチやダニの餌食になる心配もなく、雪の上を歩くのは「ブッシュこぎ」するよりはるかに楽です。それに、冬は暇なんです。

 今年は、既に10数本のカラマツを間伐しました。密集した人工林なので、十中八九「かかり木」になりますが、その処理も年々上手くなってきました。

f:id:solachi:20180203161612j:plain

 この地の開拓に入って、初めてのチェーンソーがスチールMS250Cでした。使い始めて、6年が経ちますが、僅かなメンテだけで、今も元気よく回っています。ただ、ソーチェーン(チェーンソーの刃のこと)の目立てだけは、なかなか上手になりません。5本のソーチェーンを使いまわしていますが、目立てはとてもめんどくさい作業です。

 この超めんどくさい目立てが、わずか5秒でできるというのが、オレゴンのパワーシャープなるものです。以前から試してみたかったのですが、良く調べてみると、ソーチェーンのピッチがパワーシャープに適合しないようです。私のMS250Cはガイドバー45cmの並行輸入品で、ヤフオクで安く買ったもので、ソーチェーンも入手に手間取るものでしたが、ここでも裏目にでました。

 半分あきらめていたのですが、ひょっとして、スプロケット(動力歯車)を交換すれば使えるかも知れないと思い、試してみました。

 オレゴンパワーシャープキット

 40cmのガイドバーとソーチェーン、シャープナーと砥石がセットになっています。(9,400円)

f:id:solachi:20180125153903j:plain

 上記ソーチェーンに適合する。スプロケット(歯の数が6本、ピッチ3/8インチ)も一緒に購入しました。(1,400円)スチールの純正スプロケットもありますが、3倍以上の値段ですし、スチールは基本的にネットでは購入できません。(定価販売の通販があります)

f:id:solachi:20180125152500j:plain

元のスプロケット、先ずEリングをマイナスドライバーで外します。

f:id:solachi:20180125152301j:plain

元の歯は7本です(ピッチ0.325)。これを引き抜きます。

f:id:solachi:20180125152433j:plain

 スプロケットクラッチベルと一体になっていて、これを引き抜くと、内部のクラッチ構造が見えます。軸にはニードルベアリングがついています。これにオレゴンスプロケットをはめて。f:id:solachi:20180125152602j:plain

 オレゴン制ガイドバーをつけると、ぴったり合いました。

f:id:solachi:20180125152102j:plain

 元のより、5cm短くなりましたが、切れ味はまあまあでした。私が目立てたものより、早く切れなくなる様な感じですが、早速研いでみました。

 切れなくなると、木くずが細かい粉状になります。

f:id:solachi:20180203152817j:plain

 シャープナーをつけて、フルスロットで約3秒間研ぎます。(取説は5秒ですが、ケチっただけです)

f:id:solachi:20180203152913j:plain

 3秒でも、しっかり砥げたようです。木くずが大きくなりました。

f:id:solachi:20180203153218j:plain

 1万円ちょいの出費でしたが、これで目立て作業から開放されるなら、まあまあ、良いかもしれません。耐久性ですが、メーカーでは15回ほど砥げるそうなんで、3シーズンってところ。次回からはチェーンと砥石だけで約5千円です。

 

すべり込みセーフの寒中見舞い

長いあいだ冬眠していました。

いつまでも、くよくよしていても仕方ありません。

ん? くよくよしていたの?

くよくよしていた訳ではありませんが、母が天に召されました。

f:id:solachi:20180112141042j:plain

 2年前、息子の顔も分らい認知症の状態から、短時間だけ奇跡的に正気に戻り、福音を語るチャンスが与えられました。母は、はっきりと「イエス様の十字架の贖いを信じる」と口にしました。むしろ、私の方が信じられないくらいしっかりした声でした。感謝でいっぱいの涙があふれました。

 だから、今回も、くよくよするどころか、感謝でいっぱいです。

 ただ、ブログの冬眠は、放蕩息子が、相変わらず遊びほうけている姿を表すには、やはり、いくばくかの罪悪感を感じていたわけです。

 しかしながら、「おーい元気かぁぁ」という声もいただきましたので、月間更新ゼロにならないよう、スベリ込みで更新いたします。

富良野スキー場 

 寒波で、道外は大変な様子ですね。寒中お見舞い申し上げます。

 こんな時は、むしろ北海道・内陸部は平穏であります。

 1月に入って、気温の高い日もありましたが、今は平年並のパウダースノーとなっています。今年は少し上手になったので、昨年までのマイゲレデから富良野スキー場に練習場所を移しています。

 ここは、修学旅行生と外国人が多いのですが、昼休みになると、こんな感じ。下手くそな私達でも気兼ねなく滑ることができるので、昼時を狙って行きます。ゲレンデの幅が広いのでたっぷり練習できますよ。

f:id:solachi:20180121004748j:plain

 ゲレンデから見た、富良野岳(十勝連峰と富良野盆地)です。私の家は、あの山の反対側です。1枚目の写真と、裏表になるわけですが、どちらが良いですか? 

f:id:solachi:20180121005144j:plain

 雄大さはやはり富良野盆地側でしょうね。でも、家の窓から毎日眺めるには、やはり・・・・。 なんちゃって、この辺に住む人たちは、みんな自分の家からの眺めが一番だと思っていますね。

 ではでは、遅ればせながらの記事を、ぼちぼちアップしていきます。

 

餅つき

 小さい頃に比べると、最近はクリスマスや正月にも、それらしき事はしなくなりました。それでも、正月のお雑煮は食べたいものです。うちの雑煮は、大根とカシワの「すまし汁」に焼いた丸餅が定番です。大阪に居た頃は、餅と赤飯(おはぎも有った)の専門店も普通にありましたが、山の中ではそうはいかず、パック入りの切り餅です。

 ヌマさんのブログを羨ましく見ていた所、ご近所さんから餅つきに誘われました。二つ返事でお受けして、丸餅をゲットです。

 やはり、餅つきに子供は必須です。大人ばかりじゃ楽しくない、交代でついたら7臼など、あっという間でした。

f:id:solachi:20171224093045j:plain

 よもぎ餅は、大福にしました。

f:id:solachi:20171224092658j:plain

 きな粉、大根おろしは定番ですが、納豆もちは初めてでした。

f:id:solachi:20171224101808j:plain

f:id:solachi:20171224101755j:plain

 お持ち帰りは、ラップをかけてすぐに雪の上で冷やすと、すぐに冷凍餅になります。こうすると、硬くならないのだとか。