農業体験2017年(3)

キトピロの花

 移植して3年目のキトピロ(アイヌネギ)が花を咲かせました。実際にキトピロの花を見るのは初めてです。5月末頃に葉っぱの間からボンボリ提灯みたいな蕾が出てきました。どんな花が咲くのか楽しみでしたが、移植したのが山際なのでいつの間にか忘れていました。ピンボケY(>_<、)Y

f:id:solachi:20170531225719j:plain

 先日、ケロミが「たんぽぽの綿帽子のようになっている」と言っていたので、花は終わってしまったのかと、がっかりしながらも写真を撮りに行きました。遠くから見ると、本当にたんぽぽみたいですね。

f:id:solachi:20170614103710j:plain

 近寄って見ると、綿帽子ではありません。

f:id:solachi:20170616113036j:plain

 他の個体を見ると、蕾の集合体で、これから咲き始めるところなのが分ります。こうしてみると、最初のボンボリから、どの様にしてこんなに変化するのでしょうか?来年はよく観察して見たいものです。

f:id:solachi:20170616112952j:plain

 キトピロは、山の急斜面に自生し、春一番に芽吹き花を咲かせ、その後夏草に隠れてしまいます。山野草は、人知れず花を咲かせ、秩序(被造物)の一員として役割を果たします。よくぞ、こんなに美しく巧みなものを、隠していましたね。

農業体験(3)

 6月5日は、カボチヤ、ゴウボウ、人参を植えてもらいました。カボチャとゴボウは自前の苗です。14人も来られたので、2班に分けてケロミ先生が苗植えの手本を披露しています。

f:id:solachi:20170605134155j:plain

 人参は、コーティングした種を3センチ間隔で、スジ植えしてもらいます。3センチ間隔といっても、人によって相当ばらつきがありましたね。どうなるか楽しみです。

f:id:solachi:20170605133847j:plain

 

農業体験2017年(2)

ユキザサ

 雪のように白い花を咲かせる。葉は笹のようだがユリ科、赤い実ができるそうです。東京大学北海道演習林内、2017/6/7撮影)

f:id:solachi:20170607102421j:plain

5月24日は、豆を植えてもらいました。「白花豆」「赤花豆」「トラ豆」「金時」「白金時「手亡」「小豆」の7種です。2条植で計63メートルです。

f:id:solachi:20170525011756j:plain

あれから、3週間。最初に芽が出てきたのは、金時でした。金時は収穫時期も最も早い豆です。豆は植た時と比べて、1.5倍ほどに膨隆しているので、一瞬花豆かと思いました。

 金時の出芽の様子

 金時の出芽は、豆(二葉)が地上に押し上げられてきて(epigeal)、二葉の間から本葉を出します。

f:id:solachi:20170608155228j:plain  f:id:solachi:20170608155300j:plain

f:id:solachi:20170608155438j:plain

 一方、花豆は二葉が地中に留まり、本葉が地上に現れます(hypogeal)。

f:id:solachi:20170608155710j:plain

小豆や手亡は、まだ出芽していませんでした。早く芽が出てくれないと、除草作業も初められませんY(>_<、)Y。

 今日の豆の様子です。ちょっと見にくいですが、2条に植えたはずですが、ほとんど左側の列しか出芽していませんね。右側はちらほらです。右側だけハトやカラスに食われたのでしょうか? 最初の植付の写真を見ると、左右別々の人が植えていますから、きっと、右側のほうが深く植えられたのでしょう。もうしばらく待つことにします。早く出芽したほうが良いとは限りませんよ。このところの寒気で、今出芽した豆は遅霜の被害に合うかもしれないからです。

f:id:solachi:20170613104013j:plain

 

 

 

小鳥の巣

クルマバツクバネソウ 

 どこで区切ったら良いのでしょうか? 漢字で書くと「車葉衝羽根草」わかりやすい。小さな花なので、知らないと見逃してしまいそうです。秋に実が熟すと羽子板の羽根のように見えるそうですが、このままでも羽根のようですね。

f:id:solachi:20170607103448j:plain

育苗

 今まで野菜の多くは、苗を買っていましたが、今年は苗を育てています。種から育てると、なお一層可愛いものです。今年は、なかなか気温が上がらないので、ビニールハウスがありがたいです。

f:id:solachi:20170531224600j:plain

牛糞

 アスパラガスを、間違ってロータリーで潰してしまいました。そこへ、ヨコ爺からアスパラガスの種をごっそり頂いたので、その苗も育てています。アスパラガスは定植すると5年以上収穫できます。そのためにも、定植する前に堆肥をごっそり埋めておくと良いそうです。そこへ、牛糞がごっそり届きました。

f:id:solachi:20170504171756j:plain

 牛糞は、時々かき混ぜて醗酵、熟成を促します。先ずは、トラクターで牛糞の山を一箇所に集めようとしたのですが・・・・

小鳥の巣

 牛糞の山を移動させようと、反対側に回ったところ、急に小鳥が草叢から飛び立ちました。 

f:id:solachi:20170504164451j:plain

 普通なら、牛糞を混ねているそばに鳥が居たなら、とっくに逃げているはずなのに、おかしいと思って、急停車しました。

f:id:solachi:20170504164508j:plain

 案の定、鳥の巣に卵が5個ありました・・ 特徴的な卵ですね、鳥の種類分りますか? 親鳥は、すぐに逃げ出すので撮影できていません。鳩より小さく、茶色です。f:id:solachi:20170504164621j:plain

 1週間後です

f:id:solachi:20170612225206g:plain

 あまり、見に行かないようにしていますが、我が家の住民なので気になって仕方ないです。なぜなら我が家には、大きな青大将が2匹、キタキツネが1匹、タヌキも数匹確認しています。無事に巣立ってくれれば良いのですが・・・。目は未だ開いていないようですが、私が覗くと口を大きく開けて餌をねだります。